おおしま歯科

トップ > 小児歯科

小児歯科

小児歯科

MIコンセプトは小児歯科でも大切です。
子どもの歯は生え変わるからと、むし歯になっても放置されるケースも多いですが、とんでもありません。
乳歯がむし歯になってしまうと、下に控えている永久歯にまで悪影響を及ぼします。
乳歯がむし歯になってしまったら、適切な処置をしてあげましょう。
また、生えてすぐの永久歯はとても柔らかくてむし歯になりやすいものです。
むし歯になりにくくするための予防も大切ですよ。

虫歯の治療

基本的な考え方(最小侵襲治療)は成人の治療と変わりませんが、乳歯は健康な永久歯に引き継ぐための大切な歯です。
虫歯を放置することにより上下の咬み合わせ・前後左右のバランスがくずれ、健全な永久歯列の完成をさまたげ、色々な問題を引き起こします。

単に削って詰めるだけでなく、次の永久歯との関係を考慮しながらの治療を心がけています。

虫歯の予防

子供・乳幼児の虫歯予防は、お母さんの大切な仕事です。

家庭で出来ること

  • 食後の歯みがき(起きてすぐと寝る前には必ず磨きましょう。食後は軽く残りかすを取り除く程度にして1杯の水を飲んでおきましょう。)
  • 食生活のチェック:間食と間食(糖分を含む飲み物を含む)の間隔を最低2時間はあけましょう。(だらだら食いはしない)
  • フッ化物の応用:歯質の強化にはフッ素が最も効果的です。フッ化物配合のハミガキ剤・塗布剤・フッ素洗口法等
  • キシリトールの応用:キシリトール100%のガムを食後や間食後等に噛む事により歯の再リカルデント石灰化をうながします。

歯科で出来ること

  • 定期健診:家庭での歯磨きで磨き残しがないか、虫歯等の早期発見やお口の環境のチェック。毎回、普段お使いの歯ブラシ等をお持ち下さい。
  • フッ素塗布:歯の表面にフッ化物がとり込まれることで歯は強くなります。
  • 歯のクリーニング:家庭では不十分な部分を器具を使って徹底的にクリーニングします。
  • 唾液検査:虫歯のかかりやすさ・抵抗力等を調べる事により、自身のリスクを知り予防プログラムを作る事に役立てます。

歯並びの改善(咬合誘導)

乳歯列の良い状態を維持しながら、健全な永久歯列が完成するように歯並びを監視、必要に応じ矯正します。詳しくは矯正のページをご覧下さい。

06-6681-0418診療時間